サポート概要オンラインデモSNS

よくあるご質問(FAQ)

リストをすべて開く/閉じる

契約・料金について

入金の際に得意先ID『XXXX』を入力し忘れました。

お支払方法が、銀行振込の場合、お客様からのご入金照合のため、振込ご名義として、ご登録後に発行される得意先ID(4桁の数字)を法人名(個人の方は個人名)の前に必ず入力していただく必要がございます。得意先IDとは、請求書等に記載されている4桁の文字列で、当サービス契約毎に割り当てられております。

例)得意先ID:0001

お支払い分の得意先IDをご明記の上、
クライアント様 専用・連絡フォームよりご連絡ください。
※入金の際に得意先IDの入力をお忘れになり、更にご連絡がない場合、別のクライアント様で同姓同名などが存在した場合に入金処理が行えずにSNSが停止したり、二重請求の元になったりします。

プラン変更はできますか?

トライアルからイージー・レギュラー・スタンダード・スーパーに、イージー・レギュラー・スタンダードからスーパーに変更を行うことができます。
それ以外はメンバー数や使用ディスク容量等によって変動いたします。

料金プラン概要をご確認ください。

メンバー数等の増加によって自動的にプランが変動する場合がありますが、その場合は予めメール等でお知らせいたします。

入金締切日を過ぎたため、SNSが停止になってしまいました。今から振り込んでも大丈夫ですか?

入金締切日までにお客様からの入金の確認が出来ない場合は、SNSの一旦停止処理および強制解約処理が行われます。詳細は利用規約の「支払い」をご確認ください。

請求書が送られてきません。

現在、決済方法は『 銀行振込 』のみですが、一部のクライアント様以外は請求書は発行いたしております。

請求書が送られてこない場合、クライアント様 専用・連絡フォームからご連絡ください。何もご連絡がない場合、SNSが停止する場合もございます。予めご了承ください。

お申込みについて

ドメインは自分で取得した方が得なのでしょうか?

ご自身で取得された方が費用的には得です。ただ、DNS設定など専門的な知識が必要な作業もございますので、それらがわからないという方は、ドメイン取得も含めてお申込みされたほうが無駄な時間を費やさないことになると思います。

Yahoo!メールやGmail、Hotmailで登録通知などのメールが来ません。

Yahoo!メールやGmail、Hotmailなどのメールアドレスで弊社からのメールが受信されない場合、以下の可能性がありますのでご確認ください。

◆[迷惑メール]フォルダに受信されている。
Yahoo!メールやGmail、Hotmailの仕様により、[迷惑メール]フォルダの機能がございますが、これにより弊社より送信したメールが、[迷惑メール]フォルダに受信されている場合があります。
その為、[迷惑メール]フォルダでメールを受信されている場合は下記操作を行ってください。

※Yahoo!メールの場合、[迷惑メールではない] ボタンをクリック
※Gmailの場合、[迷惑メールを解除] ボタンをクリック
※hotmailの場合、[迷惑メールではないメール] ボタンをクリック

◆メールサーバーが拒否している場合
Yahoo!メールやGmail、Hotmailでは一部のサーバーで『ITLab』からのメールを拒否する設定となっている可能性がございます。

その場合は、『ITLab』からのメールが届きませんのでYahoo!メールやGmail、Hotmail以外のメールアドレスよりお申し込みください。

また、ホワイトリストがあるメールサービスをご利用の場合は
『order@itlab.co.jp』からのメールをホワイトリストに登録ください。

個人でも申し込みは可能ですか?

お申込みは法人でも個人でも可能です。ただし、お申し込みをされる方が未成年者の場合は、親権者の承諾が必要です。

サポートについて

フリーメールで問い合わせたが返事が来ません。

登録されたメールアドレスで迷惑メールやウイルスメールとして処理されている可能性があります。

その場合、メールの[オプション設定]等で、受信拒否設定や迷惑メール設定などを一時的に解除してください。

サポートへの電話番号を教えてください。

『ITLab』では、電話でのサポートは行っておりません。
お問い合わせ・ご連絡は全て【 各種お問合せ 】より受け付けております。

サービスについて

各プランの違いを教えてください。

プランによってご利用いただける機能や、サポート内容が異なります。

OpenPNEセットアップver2.14は、OpenPNEのver2.14シリーズ(最新安定板)をセットアップするサービスです。

OpenPNEセットアップver2.14プラスは、OpenPNEのver2.14シリーズ(最新安定板)+センタリングテンプレート(PC版)+スマートフォン最適化ををセットアップするサービスです。

OpenPNEセットアップver3は、OpenPNEのver3をセットアップするサービスです。
※ver3に関しては、完全にセットアップのみでノーサポートとなります。(サーバートラブルは除く)

SNSの管理画面にログインできません。

・パスワード等、入力情報は間違っていませんか?

パスワードを全角で入力頂くと正しくログインできません。半角英数でのご入力かどうかご確認ください。また、不要なスペースが混入していないかどうかご確認ください。

以上を確認の上、それでもログインが出来ない場合、表示されるエラーなどをご明記の上『クライアント様 専用・連絡フォーム』よりご連絡ください。

ファイル転送(FTP)について

ファイルを転送したが表示できません。

・以下の点をご確認ください。

  • 打ち込んだURLが間違っている
  • ファイル名が半角英数字になっていない(日本語、特殊文字などは利用できません)
  • キャッシュの関係で表示されない場合がございます。ブラウザの更新等を行ってください。

FTPに接続ができません。

FTP接続ができない原因として以下の理由が考えられます。
それぞれご確認ください。

1.FTP情報が正しく設定されていない
お使いのFTPソフトにFTP情報が正しく設定されていない可能性がございます。
コピーペーストで各項目を設定される場合、必要のない「半角スペース」などが含まれていないかご確認ください。

2.FTPソフトの設定で、「パッシブモード」がONになっていない
お使いのFTPソフトで、パッシブモードの設定が OFF になっている場合、ON へ変更の上、接続をご確認ください。

3.ファイヤーウォール、セキュリティソフトなどの影響
ファイヤーウォール、セキュリティソフトの設定が影響しFTPサーバーへのアクセスをブロックしている可能性がございます。ファイヤーウォールの無効、セキュリティソフトを一旦OFFにへ変更の上、接続をご確認ください。

サイトの表示ができません。

FTP接続ができない原因として以下の理由が考えられます。
それぞれご確認ください。

1.FTP情報が正しく設定されていない
お使いのFTPソフトにFTP情報が正しく設定されていない可能性がございます。
コピーペーストで各項目を設定される場合、必要のない「半角スペース」などが含まれていないかご確認ください。

2.FTPソフトの設定で、「パッシブモード」がONになっていない
お使いのFTPソフトで、パッシブモードの設定が OFF になっている場合、ON へ変更の上、接続をご確認ください。

3.ファイヤーウォール、セキュリティソフトなどの影響
ファイヤーウォール、セキュリティソフトの設定が影響しFTPサーバーへのアクセスをブロックしている可能性がございます。ファイヤーウォールの無効、セキュリティソフトを一旦OFFにへ変更の上、接続をご確認ください。

メールについて

メールの送受信について

契約者様にお渡ししている、メール作成管理画面でメールアカウントを作成後に、「windows mail」や「windows outlook express」にアカウント設定したのに、受信はできても送信ができないといった現象になる方が多いのですが、同じような現象になられた方は「サブミッションポートの設定」を変更することにより、ほとんどのケースで送信エラーが解消されます。

迷惑メール対策!「サブミッションポート」の導入!
メールの配信には通常25番(SMTP)ポートが用いられますが、インターネットでの迷惑メール撲滅の一環として各インターネットプロバイダにて「OutboundPort25 Blocking」と呼ばれる、25番ポートによる外部メールサーバへの接続規制が順次施行されております。そのため健全なインターネット環境の構築を推進していくべくご利用中のインターネットプロバイダーがこの Outbound Port 25 Blocking を実施した場合も、従来どおり弊社サーバーをご利用いただけるよう、 SMTP サーバへ接続する際に、587番ポート(サブミッションポート[SubmissionPort])を利用可能とするための設定をご用意しました。

サブミッションポートの設定例(Outlook Express)

  1. OutlookExpressを起動します。 メニューの「ツール」から「アカウント(A) 」を選択します。
    サブミッションポートの設定例1
  2. アカウント設定を編集します。
    「メール」タブを選択します。
    対象となるメールアカウントを指定します。
    「プロパティ」ボタンをクリックします。
    サブミッションポートの設定例2
  3. サーバーのポート番号を編集します。
    「詳細設定」タブを選択します。
    サーバーのポート番号を「587」にします。
    「適用」ボタンをクリックします。
    サブミッションポートの設定例3
  4. サーバーの認証を設定します。
    「サーバー」タブを選択します。
    送信メールサーバーの「このサーバーは認証が必要(V)」をチェックします。
    「OK」ボタンをクリックします。
    サブミッションポートの設定例4

その他について

OpenPNEver3のサポートがないのはなぜですか?

弊社独自の検証により、現時点でのサポートは不可と判断いたしましたので、ver3に関してはセットアップのみの代行およびサーバートラブルのみの対応となります。

個人情報の取り扱いについて教えてください。

登録いただく個人情報は、承諾いただいた利用方法及び目的の範囲内で利用致します。
『ITLab』は、下記のいずれかに該当する場合を除き、第三者への個人情報の開示することはございません。

  1. 第三者への開示につきまして事前にお客様の承諾を得た場合
  2. お客様へ弊社サービスを提供する上で必要となる業務委託先に、機密保持契約を結んだ上で開示する場合
  3. 法律などにより開示が要求される場合
  4. 捜査協力等で弊社が開示の必要性があると判断した場合

個人情報保護方針

SNS用サーバーについて教えてください。

弊社では、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)のデータ転送量が通常のホームページとは桁違いに多いという結果から、SNSに特化したSNS用のサーバーを構築いたしております。

※アクセスがないSNSは、データ転送量もないので、特殊なサーバーでなくとも表示はされます。

IT用語

サブミッションポートとは!?

サブミッションポートとは、ユーザーのメール・ソフトからメール・サーバーにメールを届けるときに使う送信専用のあて先ポートのことです。

サブミッションポートとは、ユーザーのメール・ソフト(メーラー)からメール・サーバーにメールを届けるときに使う送信専用のあて先ポートのこと。迷惑メール対策の一環として、プロバイダでの採用が始まりつつある。

TCP/IPで通信する際、パソコンやサーバーは「ポート番号」でアプリケーションを識別する。通常、パソコンのメール・ソフトからメールを送信する場合は、SMTP(simple mail transfer protocol)というプロトコルでメール・サーバーの25番ポートあてに送る。それに対して、サブミッションポートを採用したメール・サーバーにメールを送信する場合は、SMTPで587番ポートあてにメールを送る。さらに、このときユーザー認証技術「SMTP AUTH」(SMTP authentication)が必須になる。

つまり、これまでメールを送るときは、単にメール・サーバーの25番ポートあてに送っていたが、これが、認証機能付きの587番ポートあてになるわけだ。ユーザーは、メーラーの設定を変更することでサブミッションポートに対応するということになる。

共用サーバーとは!?

共用サーバーとは、1台のサーバーを複数の契約者で共有するサーバーのことです。

共用サーバーとはWEBサイトやメールを利用する為に、サーバーの一部をレンタルする事です。サーバ自体、管理・保守には大変な手間とコストが発生する為、現在は一部の専門部署のある企業以外は、サーバを専門のホスティング会社からレンタルする事が一般的です。

1台のサーバ内に複数のドメインを設定する事になります。複数のドメインが設定されますので、トラフィック(転送量)も共用(共有)する事になります。

一部のドメインのトラフィックが増大した場合に、他のドメインへ接続しにくい状態が発生するなど、自分と関係ないドメインによって発生する不具合の影響を受けてしまう事があります。

OpenPNEとは!?

mixiをリスペクトしたかどうかは不明だが、手嶋屋が開発した業界トップクラスのmixiのようなハイクオリティSNSエンジンがOpenPNEです。

SNSエンジン『OpenPNE』は、株式会社手嶋屋が中心となって、オープンソース方式で開発を行ってきたSNSエンジンです。PC(パソコン)とモバイル(携帯電話)のハイブリッドなプラットフォームに、豊富なSNS機能を搭載し、多様なサーバー環境で、ご利用いただけます。地域やサークルのコミュニケーションツールとして、会社のグループウェアとして、グループのCMSとして、『OpenPNE』の使い途はオーナー次第で無限に拡がります。進化し続けるハイクオリティSNSエンジン『OpenPNE』で、あなたのオリジナルSNSを作って運営してみましょう。

SNSとは!?

SNSはソーシャル・ネットワーキング・サービスの略語です。

(英:SocialNetworkingService、SNS) とは、人と人とのつながりを促進・サポートする、コミュニティ型のWebサイト。友人・知人間のコミュニケーションを円滑にする手段や場を提供したり、趣味や嗜好、居住地域、出身校、あるいは「友人の友人」といったつながりを通じて新たな人間関係を構築する場を提供する、会員制のサービスの総称です。

人のつながりを重視して「既存の参加者からの招待がないと参加できない」というシステムになっているサービスが多いが、最近では誰も自由に登録できるサービスも増えている。

SNSには、自分のプロフィールや写真を会員に公開する機能や、互いにメールアドレスを知られること無く別の会員にメッセージを送る機能、新しくできた「友人」を登録するアドレス帳、友人に別の友人を紹介する機能、会員や友人のみに公開範囲を制限できる日記帳、趣味や地域などテーマを決めて掲示板などで交流できるコミュニティ機能、予定や友人の誕生日などを書き込めるカレンダーなどの機能で構成される。有料のサービスもあるが、多くは無料のサービスとなっており、サイト内に掲載される広告や、友人に本やCDなどの商品を推薦する機能を設け、そこから上がる売上の一部を紹介料として徴収するという収益モデルになっている。

SNSは2003年頃アメリカで相次いで誕生し、検索エンジン大手のGoogle社が「Orkut」というSNSを開設したことで話題になった。草分け的存在の「Friendster」や、登録資格を大学生に絞り人気を博した(現在では一般にも開放)「Facebook」、世界最大のSNSに成長した「MySpace」などが有名。日本でも2004年頃からサービスが始まり、日本最初のSNSと言われる「GREE」や、会員数1000万人を超え社会現象ともなった「mixi」や「モバゲータウン」が有名である。登録資格を絞った特定分野限定のSNSなども数多くある。

2005年頃から、誰でも簡単にSNSを開設できるソフトウェアなどが公開されている。それらは「無料SNSレンタルサービス」などの名称である。名前の通り、無料でSNSを開設できるといった内容なので、SNSを運営するユーザーが急増している。Yahooの登録サイト検索で「SNS作成」を検索すると主なサイトが紹介されている。

RSSフィードとは!?

ブログなどで、よく使用されているRSSの説明です。

記事の要約情報(ウェブサイト名、アドレス、記事のタイトル、更新時刻など)をXMLという形式で記述してあるもののこと。RSSフィードは、サイトの更新情報を公開するのに使われています。RSSフィードで情報が配信されることで、閲覧者はいちいちウェブサイトにアクセスしなくても要約情報が閲覧でき、読みたい記事にクリックひとつでアクセスが可能になります。

CRMとは!?

情報システムを応用して企業が顧客と長期的な関係を築く手法のこと。詳細な顧客データベースを元に、商品の売買から保守サービス、問い合わせやクレームへの対応など、個々の顧客とのすべてのやり取りを一貫して管理することにより実現する。

ホームページトップへ
  • SNS作成サービス!そーしゃるぱーく

ページトップへ